ノンスパルタ校 | 学校の雰囲気・規則の厳しさで選ぶ | フィリピン留学GEST

フィリピン留学・セブ留学を安心・格安サポート | フィリピン留学GEST

留学相談ダイヤル
050-5897-9990
menu

学校の雰囲気・規則の厳しさで選ぶ – ノンスパルタ校 –

学校の雰囲気・規則の厳しさで選ぶ - ノンスパルタ校 -
学校を選ぶときに必要な学校のスタイルですが
今回はノンスパルタ校についてご紹介します。 

※スパルタ学校のご紹介はこちら
学校の雰囲気・規則の厳しさで選ぶ – スパルタ校 –

ノンスパルタって?

上記のリンク先をご覧いただくとスパルタ学校は
先生や授業スタイルがビシバシ系のスパルタ学校ではないだとおわかりいただけたと思います。 
フィリピン留学は韓国人が始めた留学スタイルのため
多くの場合は長時間学習スタイル=スパルタ校のスタイルがメインでした。

しかしながら、日本や台湾などの国籍の留学生が増えるにつれ、
韓国式のスパルタ校以外の少し時間の余裕がある、
自分で時間の調節もできるようなスタイルを求める留学生も増加してきました。 

そのため、セブを中心に大学生以外を対象にした「大人留学」を
コンセプトにした学校や、門限などが一切ない「欧米留学スタイル」の学校も誕生し、
従来の韓国式スパルタ校とは、異なったノンスパルタ学校が今では多く見られるようになりました。

ノンスパルタ学校の特徴

●平日:外出可能

正規の授業後の行動については制限される事がなく外出が可能です。 
(但し、学校によってはノンスパルタ校でも門限がある学校もありますのでご注意ください。)

●平日夜:自由行動もしくは選択授業

夜の自由時間は外出も可能ですが、学校によっては選択授業などを提供している場合もあります。

好まれる学生

●学習スケジュールは自分で決めたい人

スパルタ校では入学当初より学校に定められたスケジュールで行動しなくてはいけません。 
自分でこだわりがあり、自分のペースで過ごしたい方などは
ノンスパルタ校の方が授業時間数や義務自習などがないため自分で調節しやすいと思います。

●親子留学

スパルタスタイルでの親子留学を行なっている学校もありますが
お子様の長時間学習は集中力が続かないため難しいと思います。 

また、まれに親御様だけスパルタコース・お子様はキッズコースへの留学を
ご希望される方もいらっしゃいますが、お子様の授業が親御様が授業が終了するまでの時間を
一人で過ごすため、学校内でベビーシッターサービスのある学校への留学先以外へはお勧めできません。

○ 人気のノンスパルタ学校

親子留学にも人気の日系語学学校
First English
◆この記事を読んだあなたにおすすめ
学校の雰囲気・規則の厳しさで選ぶ
フィリピン留学GESTでは
24時間365日ご相談を受け付けております!
※興味があることや心配なこと、
気になった時にお気軽にご連絡ください。

こちらの記事も読まれています

住所入力不要!待ち時間不要!留学資料無料プレゼント!