留学までの流れ | フィリピン留学・セブ留学ならGEST

フィリピン留学までの流れ | フィリピン留学GEST

留学相談ダイヤル
050-5897-9990
menu

留学までの流れ

留学の決心がついたら、いよいよ留学の準備です。準備の前に、どんな物が必要なのか、どれぐらいの期間が必要なのか、まずは全体の流れをつかみましょう。

出発までの流れ

1.留学情報の収集やお問合せ

フィリピン留学は従来の他国の留学と比べると少々特殊で、英語力を短期間で集中的に上げるための英語合宿と言っても過言ではありません。ほとんどの学校で全寮制、もしくは決められたホテルなどに滞在し、毎日たっぷりの授業を受け、英会話や専門英語スキルを上げる訓練を行います。と、少々厳しい言い方をしてしまいましたが、その為短期間でも効果的な留学生活をお送りいただけます。
留学を思い立ったら、どんな留学生活にしよう~、いつ行こう~、学校選びはどうしよう~、と色々な悩みが出てきます。当ページの 『出発までの流れ』 をまずお読みいただき、また疑問点や不安なことは何でもお気軽に相談ください。皆さまの大切な留学生活を、しっかりサポートさせていただきます。

2.留学時期・期間を決める

フィリピン留学の多くの語学学校は、毎週月曜日が入学日となっております。語学学校やコースによっては、月に1回もしくは2回と入学日を指定しているところもあります。月曜日が入学初日の場合は、前日の日曜日に渡航・入寮します。もしフライトの関係で土曜日の到着、入寮を希望される場合は、空室があれば前泊できる場合もございます。その際は到着のお時間によって、前泊費用が発生することがございます。詳細は学校により異なりますのでお問合せくださいませ。
また多くの語学学校は最終金曜日を卒業日とし、翌日の土曜日が退寮日となります。こちらもフライトの関係で日曜日以降に退寮を望まれる場合は、延泊費用が発生することがございますので、お問合せくださいませ。
多くの語学学校は最終金曜日を卒業日とし、翌日の土曜日が退寮日となります。こちらもフライトの関係で日曜日以降に退寮を望まれる場合は、延泊費用が発生することがございますので、お問合せくださいませ。

3.留学先の都市・学校を決める

フィリピンには語学学校がたくさんあります。自分に合う学校をどう決めれば良いか分からず、つい迷ってしまいますよね。
GESTでは、各カテゴリー別に学校紹介をしております。また実際に学校を訪問し、交流の深い学校に絞ってご紹介をしております。もちろん語学学校を運営するのに必要な教育関係の資格を合法に取得している学校のみをご紹介しておりますので、ご安心ください。
学校選びに困ったら、ぜひ希望される留学生活のイメージをお知らせください。これまでの経験をもとに、皆さまのご希望に沿った語学学校を数校ピックアップしご案内いたします。

4.留学の不安を解消する

GESTでは、実際に自らフィリピン留学を数か月体験し、語学学校の現地職員として勤務し、その後5年以上フィリピン留学に関するカウンセリングを行っているスタッフが、これから留学をしようと検討されている皆さまのサポートをいたします。留学は大きな決意が必要になるもの。当然たくさんの不安も生まれます。当社の留学コンサルタントも最初にフィリピンに行こう!と思い立った時は大きな期待と共に、不安を感じておりました。是非、皆さまが抱えている不安や様々なお気持ちを、どんな事でもご遠慮なくぶつけてみてください。一緒に不安を解決し、留学を楽しみなものに変えていきましょう!

5.料金の確認・空き状況の確認をする

留学にかかる費用は、各学校ページの料金ページに明記しております。
フィリピン留学で多くの語学学校では、渡航前にお支払いされる費用と、現地で学校に入学後に現金でお支払いされる費用に分かれています。また、日本円以外の通貨で表示されている留学費用は、お申し込み時のTTSレートにて円に換算し、ご案内しております。お申込み前に無料でお見積りをさせていただくことも勿論可能です。ご希望の際は、ご検討されている条件をお知らせくださいませ。
お見積りはこちらの 『お見積もりフォーム』よりご依頼ください。

留学手続きの流れ

1.入学申し込みをする

留学条件が確定したら、お申し込みをお願いいたします。 『お申込みフォーム』 より必要事項を入力し、送信してください。確認後、学校へ登録手続きを行った上、ご連絡をいたします。万が一、学校の空き状況が既に満室になってしまった場合は、できるだけご希望に沿えるよう、近い条件でご相談をさせていただきます。
※お申し込みが週末や現地祝日を跨ぐ場合には、学校からの返信が通常より遅れるため、ご回答までに少々お時間をいただく可能性がございます。予めご了承くださいませ。

2.パスポートの準備をする

フィリピンに入国の際は、入国日の時点で滞在期間+6か月の有効残存期間が必要となります。
パスポートをすでにお持ちの方は、早めに残存期間を確認しておきましょう。
有効期間が切れている、もしくは新規で申請をする場合は、パスポートの申請は1~2週間時間がかかるので、早めに手続きをするようにしましょう。

パスポートの申請は、お近くのパスポート申請窓口で行います。
下記、必要書類となります。
(1)一般旅券発給申請書 1通
(2)戸籍謄本(または戸籍抄本) 1通
(3)住民票の写し 1通
(4)証明写真 1葉
(5)申請者本人に間違いないことを確認できる書類

詳しくは、下記ページをご参照ください。
パスポートの申請から受領まで

3.請求書の確認・振り込み

無事お部屋の確保が完了しましたら、当社からメールにてご請求書をお送りいたします。ご確認後、登録内容にお間違いがありませんでしたら、1週間以内に内金としてのお申込金、15,000円をお振込みください。残金はご渡航日の1か月前を目安にお振込みをお願いしております。尚、ご面倒な方は2回に分けず、ご一括のお振込みをしていただいても問題ございません。当社にてご入金を確認させていただき次第、メールにて確認のご連絡をさせていただきます。
※お申し込みのタイミングによっては、ご請求期日は多少前後することもございます。予めご了承くださいませ。

4.航空券の手配をする

無事お部屋の確保ができましたら、早めに航空券を手配しましょう。航空券は早く購入すればするほど、お安く購入いただけます。特に夏休みや春休み、祝日や連休などの繁忙期は、お値段も通常に比べお高くなりがちです。また直行便など人気の便は、早い段階で売り切れてしまう可能性が高いです。早めに確保して、格安に留学をしましょう。
基本的には入寮日(日曜日)・退寮日(土曜日)に合わせて購入されることをお勧めいたします。尚、ご購入に際し、航空会社や発券会社は問いません。ご自身でのご手配が不安な方、ご面倒な方は、当社でも航空券のご手配をさせていただいておりますので、お気軽にお申し付けくださいませ。まず入学の条件に合わせてお見積りをし、ご案内をいたします。ご手配をご希望の際はお申し付けいただけましたら、確保をいたします。

ご自身でご購入された場合は、学校へ到着便のご報告をいたしますので、お早めに当社へ便情報をお送りくださいませ。

5.海外留学保険への加入

留学中の病気、事故、物を紛失した等緊急時に必要になるのが、海外留学(旅行)保険です。日本で病院にかかる際は、医療費の控除を受けられますが、海外に出た瞬間にかかった金額の全額が請求されることになります。時に医療費は大変高額になりますので、当社ではより安心して留学生活をお送りいただくために、海外留学保険に加入されることを強くお勧めしております。(中には加入を条件にしている語学学校もあります。)
特にセブ島には大きな総合病院内にジャパニーズヘルプデスクという日本人専門のサポートデスクがあり、日本語でのサポートや、保険会社への医療費の建て替え手続きを代理で行ってくれるなど、保険に加入していると大変安心なキャッシュレスサービスもございます。
既に所持しているクレジットカード付帯の旅行保険を適応したい場合は、必ず渡航前までにクレジット会社による保険金請求が可能な条件を確認してください。所持しているだけでは適応可能にならない条件のカードもありますし、請求できる金額がとても少ない場合もございます。また適応留学期間にも上限があります。必ず内容を確認し、ご納得された上でご渡航ください。

6.渡航案内資料のご確認

各学校から発行された渡航案内資料をメールにてお送りいたしますので、ご確認ください。学校のルールや、初日の流れ、必要なものなどが記載されている大変重要な書面となります。またご入金が確認できましたら、出発前までに随時入学許可証をお送りしております。合わせてご確認くださいませ。

出発前の準備

1.持ち物の確認をする

出発日が近くなってきたら、徐々に荷物の準備も始めましょう。お送りした渡航案内資料を参照し、現地で必要なものを揃えましょう。留学先では洗濯もできるので、大体1週間の旅行に行くようなイメージで洋服などを揃えられることをお勧めいたします。またフィリピンは年間を通して暖かい国ですが、教室など屋内は冷房が強くきいていることもございます。夏の恰好以外にも薄手の防寒着などをご用意されることをお勧めいたします。
荷造りを始めるとつい重たくなってしまいがちですが、飛行機に預けられる重量は20~23キロと制限があります。また手荷物は7~10キロとなっていることが多いです。既定の重量を超えてしまうと、空港で追加代金が発生することがあり、思わぬ高額出費となる上、持ち運びが難しくなります。フィリピンでも生活に必要なものはショッピングモールなどで簡単に購入できます。特に重くなりがちなアメニティ類は現地で用意されることをお勧めいたします。
※受託手荷物制限量は、航空会社や購入されたチケットの条件によって異なります。格安航空会社などは、手荷物を預ける際に別途料金が必要な場合もございます。あらかじめ各航空会社にお問合せください。
※重量超過の費用は数万円単位となることが多いです。

2.英語力強化のための心構え

いよいよ留学開始までまもなくとなりました。留学生活が始まったら、嫌でも毎日英語をたくさん話すことになります。幸先の良いスタートダッシュが切れるよう、お時間に余裕のある方は、できるだけ中学校英語など今まで学習した内容をおさらいしておきましょう。基本的な文法などは意外と忘れていたりするものです。さらに時間のある方は、英語で文章を書く練習をしてみましょう。日本ではスピーキングの練習が難しいですが、簡単な日記でも良いので文章を作ることに慣れておくと、構文スキルが上がりスムーズに発言ができるようになります。
また入学日から自己紹介は数えきれないほどすることになるでしょう。予め自分に関すること(趣味や職業、専門分野や興味のあること、家族構成など・・・)は英語の文章などにしておいて、スラスラと言えるように練習しておくと安心です。

3.出発日当日

出発時間の2時間前には空港に到着しているようにしてください。航空会社のチェックインカウンターで手続きをし、荷物を預けます。保険に加入されていない方は、空港でも保険会社のデスクで手続きを行うことができます。
日本国内の両替所や空港でもフィリピンペソへの両替は可能ですが、あまりレートはよくありません。入学前にお金が必要な方や、日本円のみだと不安な方は少額のみ両替をされることをお勧めいたしますが、現地到着後でも空港や市内で日本円からの両替を簡単に行うことが可能です。ご安心ください。通常入学後のオリエンテーションで、学校スタッフと一緒に両替に行きます。特に空港でのピックアップを希望されている方は、オリエンテーション前にペソが必要になることはあまりないので、特別事前に両替しておかなくても問題ございません。
現地空港に到着後は、学校スタッフが空港で目印を持ってお待ちしております。専用車でスタッフと一緒に学校へ行きましょう。

フィリピン留学GESTでは
24時間365日ご相談を受け付けております!
※興味があることや心配なこと、
気になった時にお気軽にご連絡ください。

フィリピン留学をもっと知るなら

フィリピン基本情報

フィリピン基本情報

まずは言語・気候・通貨などフィリピンを知ってみましょう!

フィリピン留学が選ばれる理由

フィリピン留学が選ばれる理由

なぜ 『今、フィリピン留学なのか?!』 を5つの理由を徹底解明!

フィリピンでの学校選びのポイント

学校選びのポイント

自分のスタイルに合った学校を選ぶポイントをスタイル別に紹介!

フィリピン留学GESTが選ばれる理由

当社が選ばれる理由

フィリピン留学GEST (ジェスト)をご利用いただく4つのメリット

フィリピン・セブ島留学ガイド

フィリピン留学ガイド

治安・留学先での生活など、出発前から帰国後まで安心のガイド情報をお届け!

航空券・海外留学保険情報

航空券・海外留学保険情報

航空券購入の注意、航空会社の紹介、購入時期など押さえておきたいポイント