部屋タイプを選ぶ - 2人部屋の特徴 | 留学ガイド | フィリピン留学GEST

フィリピン語学学校の選び方 | フィリピン留学GEST

留学相談ダイヤル
050-5897-9990
menu

部屋タイプを選ぶ~2人部屋の特徴~

フィリピン留学は語学学校の中に学生寮もある他の国にはない
生活面の場所も提供してくれる留学先です。 
学校やコースが決まったら「お部屋タイプ」を決める必要があります。 
お部屋の人数別のメリットデメリットをお知らせしていきます。 
今回は2人部屋の特徴をご紹介します!


1人部屋の特徴のご紹介はこちら!
3~6人部屋の特徴のご紹介はこちら!

2人部屋の特徴

部屋タイプを選ぶ - 2人部屋の特徴

メリット

1) 気が合えば学校の紹介してくれる人がいる

留学初日、不安な事も多いと思います。
そんな時、頼りになるのが先輩のルームメイトの存在です。 

3~6人部屋はルームメイトが多く、比較的人の出入りが激しい為、
新入生に対してそこまで時間を費やしてくれる時間が少ないです。 
(もちろん個人差はあります) 
2人部屋の場合には、自分とルームメイトしかいない為
詳しく説明してくれる可能性が高いと思います。

2) 3~6人部屋に比べて自分のスペースも確保しやすい

1人部屋よりスペースは狭いですが、3人以上の複数人数部屋に比べると広く
荷物の多い女性などはスペースがおおきく取る可能性もある為、
1人~2人部屋などがお勧めです。

デメリット

1) 気が合わなければ気まずい

2人部屋を選ぶにあっててルームメイトは重要な要素であります。 
メリットにあるように気が合うルームメイトであれば、仲良くなりいつも一緒に行動したりしますが
もしも、喧嘩などをしてしまったり、あまりにも生活スタイルが違う場合には一緒に生活し続けるには少しつらいかもしれません。 
部屋をシェアする関係であり、親友のように仲良くなる必要はありませんが
生活する上で楽しくする為にも積極的にコミュニケーションを取ることをお勧めします。

解決法)もしも、今のルームメイトとの生活が難しいと感じた場合は?
学校スタッフさんに相談しましょう! 
部屋の移動は少し難しいかもしれませんが、お部屋の空き次第で対応してくれることもあります。

利用者割合

社会人30%・大学生60%・中高生10%
複数人数部屋となると大学生・中高生の割合が1人部屋に比べると多くなります。 
年齢が離れた人と一緒にお部屋になる可能性もありますのでご了承くださいませ。

注意すべき事


複数人数部屋を利用する際に問題になるのが部屋内のルールについてです。 
人それぞれ部屋でやっていいことダメなことがあると思いますが、
同じ行動でも、自分の考えでは「やってはいけないこと」でも、
ルームメイトにとっては「やってもいいこと」と判断される場合もあります。 
口約束で決めてしまうとあやふやになってしまうことがありますので
必ずメモなどに残し、二人で決めた規則を玄関などの見えるところに張り付ける事をお勧めします。 

  • 例1) 玄関で靴を脱ぐ
  • 例2) トイレットペーパーは交互に購入する
フィリピン留学GESTでは
24時間365日ご相談を受け付けております!
※興味があることや心配なこと、
気になった時にお気軽にご連絡ください。

こちらの記事も読まれています

  • 留学前のパッキングのコツ
  • 留学前に必ずしなくてはいけない事・・・荷物のパッキングです!パッキングの仕方によってはトランクに荷物が入らない。
住所入力不要!待ち時間不要!留学資料無料プレゼント!