海外就職に求められる人材 | 留学ガイド | フィリピン留学GEST

フィリピン留学ガイド | フィリピン留学GEST

留学相談ダイヤル
050-5897-9990
menu

海外就職に求められる人材

フィリピン留学後、英語力を身につけた後
あなたにはどのような将来設計がありますか? 

日本に帰って就職したり、大学に戻ったりと
様々な選択肢が多いがあると思います。 
近年、フィリピン留学後の海外就職者が増加しています。 
今回海外就職するための基礎知識をお知らせします。

エリア別特徴

アメリカ

海外就職先人気No1のアメリカ! 
リーマンショック以降、外国人への就労ビザの発給数が減少しましたが
2017年には更に減少するのではないかと予想されています。

ヨーロッパ

こちらも人気の海外就職先です。 
ヨーロッパでは若年層の高い失業率が問題になっているため、
外国人である日本にとっては少しハードルが高いかもしれません。

アジア

日系企業の進出先も多く、現地採用スタッフとして採用されやすい。 
しかし、アメリカやヨーロッパに比べると給料も安い可能性が高いです。

求められる人材

海外就職に求められる人材

技術や技能を持ったスペシャリスト

日本人が海外で就職するのは「リスタート:新しい自分」という意味が多いように思います。 
しかし、外国人にとって海外就職は「ステップアップ」の
意味が深いように思います。 

そのため、海外での就職活動で重視される点は
「今までどんな仕事を行なってきたのか・技術を持っているのか」です。

過去の実績が最も重視される点であるため、
技術を磨いた30〜40代のスペシャリストが人気の市場だと言えます。 
スペシャリストのイメージとして
IT関係・技術者というイメージがありますが、
近年では寿司職人など日本独自の技術力を持った人たちも
海外で求められる人材です。

→技術や技能を持っていない人

新卒や日本での仕事を辞めて全く新しい分野で働きたい人は
海外就職が厳しいのは事実です。 
そんな人には「インターン」として働くことをお勧めします。 

海外では新卒採用の際に「大学での成績」と
「インターン経験」を問われます。 
特別な技術がないという方には「インターン」として企業で働く経験は、勤務経験として数えられ、
また、実務内容が評価されて
そのままインターン先に就職する人もいます。

コミュニケーション力

海外就職先では社内公用語は
「母国語」を使用するのではなく
英語での会議や資料作成が必要です。 

最低限のコミュニケーションは
最低限の英語力で成り立ちます。 
しかしながら、英語での資料(契約書・提案書)の作成は
ある程度のビジネス英語レベルが必要となります。 

本気で海外就職をお考えの方は
一般英語力を身につけた後に「ビジネス英語」コースをご受講されることをお勧めします。

◆この記事を読んだあなたにおすすめ
ワーキングホリデー情報
フィリピン留学GESTでは
24時間365日ご相談を受け付けております!
※興味があることや心配なこと、
気になった時にお気軽にご連絡ください。

こちらの記事も読まれています

住所入力不要!待ち時間不要!留学資料無料プレゼント!