自分に合った授業のスタイルを見つけるには | 留学ガイド | フィリピン留学GEST

フィリピン語学学校の選び方 | フィリピン留学GEST

留学相談ダイヤル
050-5897-9990
menu

自分に合った授業のスタイルを見つけるには

自分に合った授業のスタイルを見つけるには

フィリピン留学で何をどのように学びたいかを考えてみよう

フィリピン留学に対する意気込みや目的などは人それぞれ違います。 

  • ー英語を話せるようになりたい。
  • ー英語の苦手意識を無くしたい。
  • ー就職・転職活動・昇進に役立てたい。
  • ー資格を取りたい。
  • ー海外旅行に行きたい。
  • ーワーホリ・留学準備として
  • ー海外での休暇を楽しみたい。

フィリピンの語学学校で提供する授業スタイルは、欧米やその他の国と比べると授業数が多かったり、出席管理や宿題が厳しめだったりしますが、数多くある語学学校を比べるとそれぞれ特徴があるのが分かります。 
フィリピン留学はこういう目標を持つ人だけに向いている、とも一概に言えません。 
今回の留学に人生をかけて挑みたい!という方もいれば、少し休暇が取れたので、南の島で英語を使って安く生活したいなという方もいるでしょう。自分で勉強したい分だけ勉強できる環境を選ぶことができるのがフィリピン留学です。 
語学学校によってそれぞれ授業の提供スタイルにも特徴があるので、何を目標にしているのか、どんな勉強をしたいのかを考えて、授業カリキュラムを選ぶようにしましょう。 
学校の雰囲気や滞在エリア、国籍比率など、学校を選ぶものさしはいくつかありますが、希望に近い授業カリキュラムを選んでから、対応している語学学校を選ぶ方法もお勧めです。

1日の平均授業時間

フィリピン留学は他国の語学学校の平均が3~5時間なのに対し、1日の授業時間が平均で6~8時間と長くなっておりますので、より短期間で効果を出しやすい留学と言えます。 
中には1日10時間を超えて授業が受けられる語学学校も存在します。 
授業はたくさん受ければ受けるほど英語力の上達に繋がるように思いがちですが、自身に適した時間を受講し、キャパシティオーバーを起こさないことが重要です。 
1日に吸収できる一定量を超えて授業に参加していても、集中力が授業の進行についていけなくなり、その授業に参加している時間を既に受けた授業の宿題をしたり、復習・予習の時間に回したほうが余程学習には効果的だからです。 
自身が宿題や予習復習の時間も含めて、1日に消化吸収できる限度を考え、授業時間数を導き出すと良いでしょう。 
1~2週間の短期留学生の方は、時間を有効活用するため、比較的長めにレッスンを受けられる方が多いです。

マンツーマンとグループクラスのコマ数比率

フィリピン留学の醍醐味は何と言ってもマンツーマン授業です。 
最近はマンツーマン授業のみのコースも出てきていて、マンツーマン授業しか受けたくないという方もいらっしゃいます。 

マンツーマン授業は講師を独り占めできるので、自分のペースで話すことができ、間違えたところや分からないところも分かるまでしっかり教えてくれます。 
また授業中の発言回数や発言時間も多く確保でき、短期間で時間を有効活用したい方などは特にお勧めのクラスです。人目を気にしてしまって他に学生がいると上手く発言ができない、という方も慣れるまではマンツーマン授業をメインに受講されると良いでしょう。 
フィリピンの語学学校のグループ授業は少人数制クラスとなり、1クラス4~6人のクラスがメインです。大グループクラスもありますが、8~15人ほどで構成されているため発言回数も多くなります。 
グループクラスを受講するメリットは、より日常生活に近いシチュエーションで会話の練習ができること(会話の流れを掴み、発言のタイミングを察知できる)、同じレベルの学生の勉強方法や話し方などを参考にできることなど、マンツーマン授業とは違った魅力があります。 

今後どのようなスキルを身に着けていきたいかと考えて、自身にとってバランスよくクラス構成を検討されることをお勧めします。

単語テストや義務自習の有無

スパルタやセミスパルタ式の語学学校では、単語テストや自習時間が義務となっていて、学生全体が一斉に取り組んでいるところもあります。 

継続して自身で単語数を増やしていく、決まった時間に勉強時間を確保する、ということが難しいなと感じている方は、学校側で必修項目にしてくれて、毎日やらざるを得ない環境に身を置くということも一つの方法です。 
単語テストは朝食前後の時間に行われたり、夕食後や自習中に行われたりと学校によって様々です。義務自習の多くは放課後に設定され、1~2時間半に設定されている語学学校が多いです。

受講コースの選び方

英語力を総合的に底上げする一般英語コース(ESLコース、General Englishコースとも呼ばれます)はどの語学学校にもあります。 
会話力を伸ばしたい方や、英語学習を一からやり直したい方などにお勧めの基本のコースです。最近は学生の目標に合わせて様々なコースが出てきております。 
TOEIC・IELTS・TOEFL・英検・ケンブリッジ検定などのテスト対策コースや、ビジネスマン向けのビジネス英語コース、親子留学向けのコース、英語教師を目指す方向けのTESOLコースやフライトアテンダントコース、医療英語コースなど様々です。今回の留学で何を目標にしたいか、なりたい姿を考えて、希望のコース設定がある語学学校を選ぶようにしましょう。

授業内容

英語の基本スキルである、Speaking・Listening・Reading・Writingに加え、文法などの授業が行われます。 
それらのスキルを伸ばすため、CNNなどのニュース教材を使ったり、プレゼンテーションの練習ができる授業があったり、英語圏出身のネイティブ講師が授業を行っていたりと、授業内容も語学学校によって様々です。 
選択可能なオプション授業の中には、学校側の都合で定期的に内容を変更している学校もありますが、受けたい授業がある場合は、受けられる語学学校を基準に選んでみましょう。

◆この記事を読んだあなたにおすすめ
フィリピン 語学学校選びのポイントを伝授!
フィリピン留学GESTでは
24時間365日ご相談を受け付けております!
※興味があることや心配なこと、
気になった時にお気軽にご連絡ください。

こちらの記事も読まれています

  • パスポート取得方法
  • 海外留学するためには必ず必要なパスポート日本国籍のパスポートの取得方法をご紹介します。
  • フィリピン留学の必需品
  • フィリピン留学に必要な持ち物 1) 絶対に持っていきたいモノパスポート・パスポートコピーこちらがなければそもそも留学ができません。
住所入力不要!待ち時間不要!留学資料無料プレゼント!